療育

2016/10/10

一人一人の発達障害に合わせたカリキュラムを作っています。

あんず江戸川ではこんなことをやっています。


ごっこ遊びは学びの宝庫

 

ごっこ遊びはイメージ遊び。子どもの発達に欠かせない取り組みです。

思い描いた自分なりのイメージを堂々と演じる事は、大人になってからは、なかなか出来る事ではありません。

あんずでは、小学生にも、ごっご遊びの時間を設けています。

お買い物ごっこでは、言葉使い、お金の計算、立場の認識、物の名前など、たくさんの学びがあります。

着せ替えごっこでは、身支度を整える、服を片付ける躾から、好みの服に替える楽しみなど、色々な要素を含みます。男の子でも夢中になる児童がいます。やりっぱなしにならないよう人形をお友達として、最後まで面倒みるよう誘導します。

お医者さんごっこは、未就学の児童でも、医師の言葉がけを、スラスラ言えることがあります。これは、子どもが大人の会話をしっかり聞いているということですね。

お母さん、お父さん役は、ご家庭での親御さんの言葉が出ているようですよ(笑)

うちの子は、話せない、ごっこ遊びなんて出来ないというお子さんをお持ちのご家庭でも、

子どもはしっかり親の会話を聞いていることを自覚できるといいですね。

あんずでも、遊びに加わらない児童はいますが、さっきまで足り回っていたお友達が、

ごっこ遊びで急に大人の言葉使いになっていることに、耳をすまし、知らん顔しているようで様子を伺っています。








このような感じで色々なごっこを考え提供しています。


放課後等デイサービス あんず江戸川

東京都江戸川区東小岩1-9-9長寿メディカルセンター202

電話 03-6886-2105

あんずの由来 ブログ

ページトップへ